人気女性誌に多数掲載! ⇒ 話題の実力派美白コスメ

2010年12月12日

糖化は美容の大敵

いま、「抗糖化」が美容業界では注目されています。
酸化が肌に悪いということは耳にしたことがあると思いますが、
糖化が美容や健康の大敵だということは、最近知られるように
なってきました。

糖化は、私たちの体内のたんぱく質と摂取した糖が結びついて、
糖化したたんぱく質が蓄積してしまうことです。
実は、この糖化は酸化よりも美容や健康に悪いと言われています。
糖化が進むと、肌のシミ・しわ・たるみの原因となるだけでなく、
糖尿病などの病気にもつながるというから、怖いですよね。

甘いものの間食が多い、いつもアメやお菓子をそばに置いている、
ペットボトルのジュースをよく飲む、ご飯や麺類が好きでしっかり
食べている、野菜や豆類を食べない、夜食を食べることがある、
早食い、運動不足などの項目に当てはまる人は、要注意です。
つまり、こういったことの逆の生活を送ることが、抗糖化になります。

これだけ糖化が美容に悪いということが分かってきていますから、
当然有名コスメブランドから、抗糖化コスメがいくつか発売されて
いますので、紹介します。


ランコム セクレ ド ヴィ ニュイ


睡眠中に酵素の働きを向上させ、細胞の代謝を促進。従来の有効成分に
加え、新たに抗糖化作用のあるブラックティファーメントを配合。
48g 57,750円


ポーラ B.A ザ クリーム


糖化によって生まれる老化物質の特定に成功し、これを取り去る画期的な
アプローチが注目。顔全体の頑固な黄ぐすみの解消にも期待。(医薬部外品)
30g 33,600円


エピステーム ナイトコンセントレートクリーム


眠っている間に細胞を活性化するリッチな夜用クリーム。糖化だけでなく
加齢や光老化、酸化の4大老化原因すべてにアプローチし、総合的に老化と闘う。
45g 18,900円



ラベル:糖化 抗糖化
posted by cest-la-vie at 22:02| Comment(0) | 美容に関する豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

温冷浴は美容と健康に効果あり



冷えは万病の元と言われますが、これからの季節、入浴の際に湯船に
ゆっくり浸かって、しっかりと身体を温めたいです。
ただ、いくらゆっくりお風呂に浸かってもすぐに身体が冷えてしまう、
のぼせ症でお風呂に長く浸かっていられないという人もいるのでは
ないでしょうか。
そんな人におすすめなのが、『温冷浴』です。

水とお湯に交互に入浴する温冷浴ですが、暑いお風呂に入ると表皮の下の
毛細血管が広がり、水に入る(水のシャワーを浴びる)と逆に毛細血管が
縮んで、交互に入ることによって毛細血管が伸縮して血行をよくしてくれます。

最後は水で終わるのですが、浴室から出た直後は体の表面の温度が下がって
毛穴が閉じているので、汗が出づらい一方、温浴によって温まっているので
体熱は逃げにくく、しばらくすると手足がポカポカと温まって、湯ざめ
しにくいのです。

この温冷浴には湯ざめしにくくなる他にも、さまざまな美容と健康に関する
効果があるんです。
全身の血行が高まるので疲労回復が早まって、肩凝りや冷え性、むくみにも
効果があるのだそうです。
さらに水とお湯に交互に入ることにより自立神経が刺激されて、体のリズムが
強化され、朝の目覚めが良くなり夜はぐっすり眠れるそうです。
肌表面の血行も促進されるので、ターンオーバーがスムーズになり、美肌効果も
あるそうです。

それでは、温冷浴のやり方を説明します。

1.湯船の温度を36〜42℃に設定し、シャワーの冷水は14〜24℃に設定します。

2.温水か冷水、好きなほうから始めます。
  温水の場合、お湯に肩まで浸かってしっかり身体を温めます。
  冷水の場合、始めは24℃からはじめ、足先からひざ下、太ももの付け根、腕と
  冷水をかけて、徐々に身体を慣らします。全身に浴びなくてもよいです。

3.この温水と冷水を各1分ずつ交互に5回以上繰り返し、最後は冷水で終わります。

毎日の入浴時に簡単に取り入れられる温冷浴をぜひ試してみてください。
ただし、血圧が高い人や内臓の持病がある人、体調の悪い人、お酒を飲んだ時などは
逆効果になる恐れがあるので、温冷浴は避けてください。
いずれにしろ、体調を見ながら無理せずに行うことが大切です。
posted by cest-la-vie at 11:33| Comment(0) | 美容に関する豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

傷跡を残さないために

GUM06_PH05102.jpg

若い頃は、傷跡や虫刺されの跡なんて、放っておけば
いつのまにか消えてなくなっていたのに・・・
それが歳とともに傷跡が消えにくくなってきたと
感じている人は多いと思います。

虫刺されの跡がひどくて、夏なのにスカートがはけないと
切実に悩んでいる人も結構いるようです。

傷跡や虫刺されの跡が消えづらいという事は、その部分の
皮膚が色素沈着を起こしているのですが、年齢を重ねると
ともに新陳代謝が悪くなることも、色素沈着の一因なんだ
そうです。

虫刺されの場合は、虫除けスプレーをしたり外出時には
長袖を羽織るなど、ある程度の予防はできますよね。
また、もし虫に刺されてしまっても、むやみに掻きむしらずに
早めに薬を塗るなどの処置をすることで、虫刺され跡が
そんなにはひどくならずには済むと思います。

傷の場合は事故的なものなので、予防というよりは、傷が
できてしまった後のケアをしっかりとして、傷跡がひどく
残らないようにしたいですよね。

ケガをしたときに傷を早く治すには、傷口を乾燥させないように
することが大事なんだそうです。

以前は、傷口は消毒をしてガーゼ付きの絆創膏を貼るのが
一般的でした。
現在は、傷は消毒せずに水で洗い、傷を乾燥させない新しい
タイプの絆創膏を貼るという方法が広まりつつあるようです。
傷を乾燥させないことにより、傷は早くきれいに治るんだそうです。

また、傷に日光を当てると傷跡が残ってしまうので、紫外線から
傷口を守る意味でも、傷が完全に治るまでは絆創膏でしっかりと
傷口を覆っておいた方がよいでしょう。

傷跡と言えば、『カタツムリクリーム』がしわやしみ、ニキビなどを
改善するとして話題になっていますが、傷跡を消す効果があるとも
言われています。
ラベル:傷跡 虫刺され跡
posted by cest-la-vie at 22:10| Comment(0) | 美容に関する豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QLOOKアクセス解析
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。